オナニー

【男女別で解説】ノーハンドオナニーの方法!手を使わずに絶頂させるコツをご紹介!

【男女別で解説】ノーハンドオナニーの方法!手を使わずに絶頂させるコツをご紹介!

この記事では、男女別のノーハンドオナニーの方法やコツ、注意点などご紹介します。

性的興奮を覚えるようなものを目にすると、性器に手を触れずとも男性なら勃起しますし、女性なら膣内に愛液が出てきます。

そのまま手を触れずに絶頂感を得るのがノーハンドオナニーなのですが、初めて聞いた方はそんなことができるのかと信じられないのではないでしょうか。

ではノーハンドオナニーについて、やり方などを詳しくご説明します!

ノーハンドオナニーとは?

ノーハンドオナニーは、手やグッズを一切使わず、性器をうまくコントロールすることでオーガズムを得るオナニー。ペニス周辺や膣内周辺を繊細に動かすので、肉体的、精神的に上級者向けと言えるでしょう。

ノーハンドオナニーでオーガズムを得られるようになるためには、何度も繰り返してトライする必要があります。

初めは難しいですが、習得できればいつでもどこでもオナニーできるのが何よりのメリットです。

まるでヨガのような、習得するまでに根気を必要とするオナニー方法ですが、頑張れば誰でも習得できますから、ぜひ挑戦してみましょう。

【男性向け】ノーハンドオナニーの方法

ではまず男性向けにノーハンドオナニーの方法を、順を追ってご説明いたします。

その①オナ禁

ノーハンドオナニーを成功させるためには、オナ禁をして爆発しそうな興奮度に持っていくべきです。

たとえば毎日オナニーしていると興奮しづらくなるもので、3日間オナ禁しているときに好みの女性を見るとそれだけでいってしまいそうになります。

ノーハンドオナニーの成功には、いつでもフィニッシュしてしまいそうな高まる興奮感が必要であり、オナ禁して夢精しても不思議ないくらいの状況を作り出しましょう。

その②タイトなパンツ着用

ノーハンドオナニーの成功には、タイトなパンツが一役買ってくれます。というのも、タイトなパンツはペニスをほどよく刺激してくれるからです。

いくらノーハンドオナニーとは言え、とくにはじめのうちは一切何も触れずにフィニッシュまで持っていくのは至難の技です。

まずブリーフを履いてペニスを締め付けたうえに、タイトなパンツを着用すれば準備完了。なおパンツはできればコットン素材がおすすめです。革パンのような硬い素材では、ペニスが押さえ込まれるため勃起したときに痛くなります。

その③お尻の穴に集中

ここまで準備できたらいよいよノーハンドオナニーの実践です。まず、エッチな妄想をしてペニスを勃起状態に持っていきましょう。

そして、ちょうどペニスを持ち上げるようなイメージをしながらお尻の穴に力を入れ、そのまま5秒キープ。その後力を抜きます。

この動きを繰り返しているとフィニッシュにたどり着きます。つまり、通常のセックスでもおこなうペニスへの力の抜き入れを手や膣ではなく、筋肉で再現するわけです。

タイトなパンツや下着にペニスが程よく擦れ、快感が高まっていきやがて射精します。

【女性向け】ノーハンドオナニーの方法

タイトな下着やパンツの助けを借りる男性のノーハンドオナニーと違い、女性の場合は完全に何の助けもなく絶頂感を得ねばなりません。では女性のノーハンドオナニーの方法をご説明いたします。

その①空間づくり

前述の男性と同じく、オナニーには誰も入ってこない静かで落ち着いた空間づくりが必須です。鍵がかかる部屋など、誰にもみられず集中できる場所を確保しましょう。

その②骨盤底筋に力を入れる

女性がノーハンドオナニーを成功させるために大切なのが骨盤底筋。直腸や子宮、膀胱を支える筋肉で、肛門引き締めをも担っています。

まず、尿意を我慢するイメージで、膣を引き締めて力を入れましょう。5秒間キープしたら力を抜きます。この動きを繰り返しましょう。

その③無意識になる

骨盤底筋を意識しながら膣に力を入れては抜きを繰り返していると、やがて膣がムズムズと興奮してきます。

気持ちよくなってきたからと、つい力をどんどん入れてしまいますが、焦らず無になってこれまでどおりのペースをキープしましょう。

コツを掴むまでには1ヶ月くらいかかりますが、一度わかってしまえば、わずか数分で絶頂感を味わえます。毎日無理せず、1日10分の練習を繰り返すのがおすすめです。

【男性向け】ノーハンドオナニーの5つのコツ

では男性のノーハンドオナニー成功のコツを5つご紹介いたします。

その①乳首を刺激

ノーハンドオナニーはペニスに手を触れずにオーガズムに達するのが基本です。ということはペニス以外の部分なら手で触れてもOK。もちろん最小限にとどめるべきですが、なかなかノーハンドオナニーに成功しない場合は、自分の乳首を指でつかんで刺激すると成功率がアップします。

その②AV鑑賞

普通のオナニーと同じですが、想像だけではなかなかオーガズムに達せないときは、AV鑑賞して助けにするとよいでしょう。

その③VR活用

VRとは立体映像を楽しめる動画のことで、AVの場合まるで本当のセックスシーンを見ているような臨場感です。

通常のAVより興奮度が高いので、ノーハンドオナニーのおかずにもってこいです。

その④体位の変更

男性がオナニーするとなると、だいたい仰向けになるか椅子に座ることが多いかと思います。ですが、うまくオーガズムを達せられないときは、体位を変えてみるのもひとつです。

たとえば横を向いてみる、セックスの正常位のようになるなど、いろいろと試してみましょう。

その⑤音声の活用

男性のノーハンドオナニーのポイントは、想像力とお尻の穴への力の入れ方です。

とくに想像力は重要。手を使わない分、頭に描く想像力がオーガズムに大きく左右します。想像力をアップさせるには、エッチな音声を聞くのも有効。薄暗い部屋でエッチな音声だけを流すと、妄想の世界にいざなわれることでしょう。

【女性向け】ノーハンドオナニーの8つのコツ

では、女性向けのノーハンドオナニーのコツも8つご紹介いたします。

その①足を伸ばさない

普段のセックスやオナニーでは足ピン派という方も、ノーハンドオナニーの場合は足を伸ばさない方がいきやすいようです。

足をのばすと骨盤底筋に力が入ったままになるので、ノーハンドオナニーの原則である骨盤底筋の緩急がおろそかになってしまうからです。

その②好みのタレントを妄像

男性と同じくノーハンドオナニーでは想像力が大切。女性の場合、視覚的な刺激より感情がそのまま快楽に結びつく傾向があります。

好みのタレントや俳優さんなどとセックスしている場面を妄想すると、オーガズムに達しやすくなるでしょう。

その③ヨガの活用

ヨガは心身の健康によいスポーツで世界中に愛好者がいます。実はヨガをしている女性に膣イキ経験者が多い事実があります。

筋肉の緊張と緩和により女性器が刺激され、はからずも絶頂を得てしまうというコアガズムと呼ばれる現象です。ですから、ノーハンドオナニーで成功するために、ヨガを取り入れるのも有効です。

ヨガの世界ではコアガズムは極めて自然なものと認識されているそう。海外ではコアガズムを中心にしたヨガの書籍もあるほどです。

その④サイクリング

骨盤底筋への力の抜き入れは、サイクリングでコツを得ることができます。ちょうど自転車にまたがりサドルが当たるところが骨盤底筋となるので、どこに力を入れるべきかわかりやすいのです。

ただしやり方次第では、サイクリング中に絶頂感に包まれてしまうことがあります。

その⑤人前

上級者向きのコツですが、人前でノーハンドオナニーにトライするのもよいでしょう。

女性の場合、ペニスの勃起のようなわかりやすい変化がないので、それこそいつでもどこでもノーハンドオナニーすることができます。

ただし声が出てしまっては大変。そんなスリルももしかしたら興奮度を高めてくれるかもしれません。

一人自宅の部屋でしているとリラックスしすぎて興奮できないという女性には、人前でのノーハンドオナニーもおすすめの方法です。

その⑥クリトリス刺激

ノーハンドオナニーは本来、骨盤底筋だけで絶頂感を得るものですが、初心者の場合クリトリスを刺激すると、よりオーガズムを得やすくなるでしょう。

座り姿勢でノーハンドオナニーしながら、太ももを細かく動かすとクリトリスが刺激されます。そのまま続けていると、やがてオーガズムを迎えられるでしょう。

その⑦動画撮影

女性というのは脳で快感を得る動物で、精神的なものがオーガズムに大きく作用します。この女性の特徴を生かして、動画撮影するのも興奮度をアップさせる方法です。

あえて動画撮影してアブノーマルさを醸し出すと、自分の変態度合いに興奮してきます。誰にも公開せずとも、ノーハンドオナニーする様子を撮影する行為自体が快感へつながるのです。

時には乳首をいじる、カメラにお尻を向けてエロティックなポーズをとるなどすると、さらに気持ちが盛り上がります。

なお動画撮影に使う端末は安全のためネットに繋がらないようにしておきましょう。もう一つ気をつけるべきなのが、オナニー前におしっこを出しておくこと。尿意を我慢して長時間オナニーしていると集中やリラックスできず絶頂に到達できません。

その⑧膣トレ

女性のノーハンドオナニーは骨盤底筋の力が大切。ですから膣トレをおこなって骨盤底筋を鍛えるのがノーハンドオナニー成功への近道です。

ただし無理しすぎるのは逆効果。毎日できる範囲でゆっくりと膣トレに励みましょう。自分の限界以上に無理やり力を入れても意味がありません。

ノーハンドオナニーの3つの注意

普通のオナニーと比べて難易度の高いノーハンドオナニー。注意すべき3つのポイントをご説明いたします。

その①周囲に悟られないように注意

ノーハンドオナニーは普通のオナニーと違い性器に手を持っていかない分周囲に気づかれる確率は低いです。

とは言え絶頂に達するとどうしても声が出てしまったり、顔が高揚してしまう方もいるでしょう。

普通の場所でおかしな声や赤い顔を見ると周囲は具合が悪いのではないかと心配してしまいます。周りに悟られないようポーカーフェイスを貫いてください。

その②無理しない

ノーハンドオナニーは難易度が高くはじめのうちは成功しないことも多いです。だからといってムキになって長時間やり続けるのはよくありません。

毎日少しずつ訓練するのがおすすめで、一度に長時間無理しすぎるのは体によくありません。ヨガのポーズを習得するごとく、毎日の積み重ねが大切です。

その③手を使わない

ノーハンドオナニーは手を使わないオナニーなのですが、気持ちよくなるにつれ、つい性器に手がいってしまいがちです。

誘惑に負けて手を使うと、いつまでもノーハンドオナニーでの絶頂を得ることができませんから、ぐっと我慢してあくまでノーハンドでオーガズムに達することを目標にしましょう。

ノーハンドオナニーのメリット

ではノーハンドオナニーのメリットはどんなことでしょう。男性の場合は何と言っても手を使わないのでAVなどに集中しやすいことと、手が汚れないことがあげられます。

そして女性にとっては、骨盤底筋を鍛えられるチャンスです。骨盤底筋が弱まると尿もれなど下半身トラブルに見舞われることが多く、ノーハンドオナニーがはからずも下半身トラブルの抑制につながります。

さらに骨盤底筋を鍛えると、男性とのセックスで締まりのよい膣となり、男性にとって手放せない魅力的な女性になることができるでしょう。

ノーハンドオナニーのデメリット

ノーハンドオナニーのデメリットは、毎日訓練し続けるのに挫折しがちなことです。ノーハンドオナニーは誰でもすぐにできるものではなく、日々の積み重ねが大切です。

また性欲の強い女性がノーハンドオナニーを習得すると、感度が上がりすぎ普段の生活のふとした瞬間に快感を感じてしまいます。仕事や家事など、しなければならないことに集中できなくなるといったデメリットがあります。

ノーハンドーオナニーまとめ

ノーハンドオナニーは慣れるまで時間がかかります。

ただ、一度成功したらこちらのもの。
手を使わない分、不思議な快感があなたに来るはずです。

正に究極のオナニー。

ぜひ興味のある方は、ノーハンドオナニーを挑戦してみてください!